外壁塗装なら名古屋の外壁リフォーム・塗替え専門家、関山塗工店

0120-364-902

日々感謝

2015/8/6

内部壁・ジョイントパテ処理

p>おはようございます。

朝なのか夜なのかは別にしまして [E:wink]

しかしながら暑い・熱い・アツイ [E:sign01] [E:crying]

なんか毎年この季節には書いている言葉になりますが

言いたくもなります。

何故かって、それは現在施工中の現場が屋根なんです。

こちらはまたご報告しますね。

ではでは、内装シリーズが続いていますが

全部違う現場ですからね! [E:coldsweats01]

こいつ同じ現場で引っ張ってるなぁ~~なんて思わないで下さい。

内装は外壁と違い細かな作業が多くありますが

壁と壁のジョイントを隠して一枚壁のように見せる為に

パテ処理を行いますが、 専門業者もいるくらい重要な工程です。

なぜ重要か塗装を生かすも殺すもパテ次第!

Img_5908
こちらの写真は改修工事の部分補修

パテ処理になります。

ジョイント部にメッシュテープを貼りその

上からキズやヘコミが無い様に注意し

ながらパテ処理を数回行います。

次に研磨作業で段差を消していきます

それからようやく塗装作業が出来るわけで内部塗装も外部塗装も下地処理で

仕上がりの良し悪しが決まるのがわかってもらえたと思います。

Img_5909
黒く見える線は商品を飾る為のレール

になります。

写真だと仕上がり感がわかりにくいのが

少し残念ですね。

TOP